スロットの負け分をキャッシングで補てんしないように

ギャンブルはいつも勝つわけではなく負ける事も有ります。
最近はスロットもギャンブル性が上がり、少額で楽しむギャンブルとは言い難く、勝つ時も大きいですが負ける時も大きな額になります。
当然勝つことを目指して遊戯を行う訳ですが、負けた時にどういうふるまいをするかが問題になります。
軍資金を多く待っていくのは心の余裕になりますが、熱くなるとすべてのお金を使いかねませんので、負けている時は冷静になるために一度ホールを出て外の空気を吸いながらいくら負けたかを冷静に確認することが必要です。
冷静にならないと負け分を取り戻すためにホールに戻りかねませんし、それ以上にキャッシングを利用してお金を借りて、又ひと勝負という風になりかねません。
緊急の時に短期的にお金を借りるのがキャッシングの有効活用といえますので、スロットで負けたからといって、そのままキャッシングに行ってお金を借りるのは冷静さを欠いているのでお勧めできない利用法です。

コメントは受け付けていません。